カテゴリー
スピリチュアル ブログ

すべての物質が、いのちを持っています

 ぼくはクルマの運転が好きで、よくクルマを走らせているんですけど、トンネルに入るとき「山の胎内に入る」というイメージがどうしても浮かぶんです。これはわかる人にはわかるし、理解してもらえると思うんですが、山にはタマシイが宿っています。トンネルに入ったとき、ぼくは安全にクルマを運転しながら、山のタマシイを感じるんです。

 石ころや、日常使っている道具なんかにも、いのちを感じたりすることってありませんか。宝石とか、ネックレスとか、どうでしょうか。それは、人間がいのちを与えているんだ、吹き込むんだっていうかも知れませんが、もともと、いのちを持っているって感じるときがあります。

 考えてみれば、人間のカラダもほとんど多くが「水」です。水は単なる構成する物質で、媒体だっていうんでしょうが、脳みそだって、ほとんど水だし、人間は、水がないと生きられないいのちなわけです。

 結局のところ、いのちって何だって考えたら、存在そのもの、感じるものすべてがいのちだって思うんですよね。そこにあるのは、波動なんですね。水晶の原石とかって、すごいじゃないですか。波動を感じますよ。

 すべてがいのちだとしたら、すべてが大切な存在なんだってことですよね。意識が変わると思いませんか。

カテゴリー
ブログ

なんだよー!が、いきなり感謝!!に変わるわけじゃない。

 なんだよー!ってことが、人生には起きます。ほんとにね。たとえばクルマを運転してるときとかさ、アブナイ場面に出会ったりして。

 それに、くやしー!とか、かなしー!とか、そういうことが人生には起きます。それでもありがとうって言おうとか、ついてるって言おうとか、どんなときでも感謝だよって言われたりします。そんなの嘘だよって思ったりもしました。

 無理やりありがとうって言っても、心がそう思ってなかったら、意味ないし、意味もなく笑うこともできないじゃないですか。

 でも、そうじゃないんだよってことですよね。無理やりそう思えって、無理やり笑えっていうことを言ってるんじゃないんですよね。なんだよでいいし、くやしいでいいし、かなしいでいい。それをまず味わうことなんだね。悲しいときには、しっかり悲しんで、これで味わったって思ったら、手放すってことだね。そして、起こったことの意味を考えます。なんでも意味があるんだね。意味のないことは起こらないんだわ。そうやって、意味を知って、味わったときに初めて、感謝が生まれるってことだね。

 ほんと、今日もいろんなことがありました。感謝ですね。ありがとうございます。

感謝の波動

 信じない人は信じないでいい話なんだけど、感謝の波動ってすごいです。一瞬で、この世界の隅々に届きます。宇宙に届くって言ってもいいね。一人でも多くの人が、このことに気づいたとき、感謝の波動が地球を包み込みます。その瞬間から世界が大きく動くよ。楽しみにしています。

カテゴリー
スピリチュアル ブログ

新しい命に祝福を

 何も人間の赤ちゃんのことだけを言うのではありません。あなたの体にも、新しい命が、この瞬間にも生まれています。

 どんな生き物でも、年齢が何歳でも、生きている限り、この生命の仕組みは変わりません。

 細胞が生まれ、消滅し、吸収されていく。

 満たされないこと、衰えること、死に近づくことを嘆く前に、まずこの命に感謝することが大切です。(本当に感謝できたとき、死はいつもその一部として、命のうしろに隠れていることに気づきます。)

 この目に見えない小さな細胞のひとつひとつは、無限のパワーのもとになっています。地球や、天体、宇宙の営みとシンクロしています。

 ぼくはいつも感謝しています。

 読んでくれて、ありがとうございます。

カテゴリー
スピリチュアル ブログ

開かれた世界につながる無限の感覚

プロローグ

 ぼくが、10歳くらいまでの幼い頃、たびたびイメージに現れたのは、球体と自分自身の意識が一体となって、落ちていく感覚でした。

 その球体は、巨大で地球の大きさを超えて、とても永遠のように重みがあるように感じられたと思った瞬間に、手のひらに吸い込まれるくらいに小さく、軽く、消えていきそうになることがありました。

 落ちていくさまは、それが始まって、目を閉じている間は、ずっとずっと感じられていて、その行きつく先を見てみたいという衝動に駆られるのだけれど、どうしても我慢できなくて目を開けてしまいます。そして、目を開けてしまうと、もうその感覚はしばらくは戻ってくることはありませんでした。

霊が見える

 ものごころついた頃から、割と大人になっても、ずっと霊を見ることがありました。その一方では、理性が否定をし続けていました。「見える意味がわからない。」「脳が勝手に映しているだけ。」「単なる幻影だ。」「自分がどこかで怖がっているから、見えるのだ。」

 誰に言われたわけでもなく、自分でそう言い聞かせることで、割と最近まで、霊が見えることを人に言うことはありませんでした。無意識に人と違う自分を認めたくなかったのかもしれません。

 50歳半ばを過ぎるくらいになって、ようやくこの世界での自分を取り戻しつつある頃から、霊は自然と見えなくなりました。

 霊がどんなふうに見えていたのかというと、ぼくの場合は、完全に人間のカタチで見えることは稀で、火の玉だったり、オーブであったり、靴を履いた足だけだったり、壁から首だけが見えるというような感じでした。それも、昼夜問わず、どちらかといえば、昼間見ることの方が多かったように思います。

 それは、今思えば、サインのようなもので、既に霊界にいる方が、なにかを伝えようとしていたと考えられていて、友人の死や、東京で暮らしているときに郷里鳥取で起こった地震を知らせる夢のようなものも現実にありました。

 霊が見えると言ったときに、よく聞かれるのは「怖くないのですか。」ということですが、深夜に部屋の壁から首が見えたときには流石にギョッとしましたが、不思議と、怖くてブルブル震えるというようなことはありませんでした。

 よほど、テレビで怖い番組をやっているのが、想像を刺激されて怖い感じがします。

幽体離脱

 10歳か、それくらいのときに、幽体離脱をした経験があります。なんとなく眠れずにいると、気がつくと、その寝姿を上から見ていました。意識がはっきりしていて、その場所を離れるとまずいことになりそうだと思った瞬間、もとの体に戻っていました。

 その後、意図してやろうと試みたことがありますが、それっきり、幽体離脱はできていません。

イメージを読み取る

 霊体を見ることはなくなりましたが、そのイメージを否定していたのは、自分自身だったことに気づきました。本来「意味がわからない。」と否定しないで、感じたことをそのまま受け取ればよかったわけです。

 今でも、イメージを受け取ることはあります。それが、夢だったり、ふとした感覚だったりします。そして、すべてに意味があると思っています。


 アクセスバーズをやっています。お申し込み・問い合わせは、こちらからどうぞ→アクセスバーズ60分(6,600円)

カテゴリー
アクセスバーズ スピリチュアル ブログ

クリアリング・ステイトメント

 アクセスバーズに、クリアリング・ステイトメントってあるんですね。これが、ぼくは「ちちんぷいぷい」とか「ビビデバビデブー」とかに似た、魔法の呪文、おまじないみたいで、おもしろいなって思ったんですね。

 もちろん、ふざけているわけではないんですよ。元はひとつひとつが意味があることばを、ギュッと凝縮してあるわけです。そういう意味で言えば、たとえば般若心経とか、ご真言、あるいは「なむあみだぶつ」みたいな宗教的なことばのようでもあるけれど、それともちょっと違うんですね。

 感覚として近いのは、ハワイのホ・オポノポノなのかなって思います。それって、何?って思った方は、調べてみてくださいね。「ありがとう」「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」この4つのことばを繰り返し、感情を込めずに唱えるメソッドがあるんです。ハワイ語や英語じゃないといけないという人がいますが、ことばは、波動ですので、潜在意識に働きかける効果は何語でも変わりません。

 ぼく自身の体験もそうですが、いろんな人を見ていて、潜在意識のブロックって、かなり強力だということがわかります。

 いちばんわかりやすい例として、よく挙げられているのが、お金に対するブロックです。人は、まるで空気か水かのように渇望して、「お金がないと生きられない。」とさえ常に思っているんですね。

 でも、そう思っている人に「次にお金を支払うときはいつですか。」という質問をすると、明日だったり、1週間後だったり、わからなかったりするわけです。それは、とんでもなく巨額の借金を抱えている人ばかりではなくて、じゅうぶんにこれまでも生活できている人でも、まったく同じです。そういう、ぼく自身もそうでしたし、請求書をもらっていて、まだ支払っていないときなどは、気にはなります。だけど、払ってしまうと、その感覚は一瞬で消えてしまい、すぐに忘れます。

 本当になくて困る空気や水に対しては、そんなに思わないんですね。災害が起きて、水が不足すると、どうしようと思うけれど、それでも、人は生きています。空気や水は、何もしなくてもただ受け取るだけでいいわけです。日本人は特に、もともと常にあると思っています。

 お金ばかりではありませんが、そうしたブロックを外しましょうと、潜在意識に働きかけるのが、アクセスのクリアリング・ステイトメントです。「破壊(デストロイ)して、アンクリエイトしますか?」と実際に問いかけることもあります。

 そうなんです。潜在意識のブロックに対しては、「破壊する」くらいのインパクトが必要なんですね。そのあたりは、とても明確です。

 クリアリング・ステイトメントについては、英語ですが、ドクター・デーン・ヒアによる解説を参考にしてください。

 ずっと囚われていた感覚がここにあります。実際に、ぼくの感覚は以前より、ずっとクリアになっています。だから、書けている文章なのかも知れません。

カテゴリー
アクセスバーズ スピリチュアル ブログ 挨拶

体感があることは、伝えやすい。

 というよりも、言葉だけで伝えている、伝わっていると思っていても、実は体感を共有しているから、伝わっているということがあります。

 たとえば「赤いバラが咲いています。」と誰かが話したとします。匂いを知っている人は、匂いを共有できます。その鮮やかな色を知っている人は、その色を共有できます。

 中には、赤いバラを見た記憶がある季節を感じたり、赤いバラから連想される過去の出来事を思い出す方もいるでしょう。

 もし誰かが「北欧で見るオーロラは美しいね。」と言っても、日本人のほとんどの人が写真でしか見たことがありません。「そうなんだろうなぁ。」とは思っていても、体感がないので、伝わってきません。中には「たいしたことないかも。」と思っている人もいるでしょう。「寒いし、待つ時間が長い。」と思えば、実際に見に行こうとも思いません。

 「やっぱり升席で見る相撲は迫力あるね。」と誰かが言ったとしても、やはり見たことがない人には実感がありません。「ベンツ、最高だよね。」って言われても、ただ単に自慢されているようにしか思えません。

 人々が実感をもって感じるのは、体験を通して得た記憶です。人づてに聞いたことや、インターネットや本で見て、読んだものは、記憶や知識には残っていても、実感、体感はありません。

体験してほしいこと

 今、アクセスバーズのことを考えながら、この文章を書いているんですが、伝えようとしている人に「体感の共有」がない場合、どうやって伝えたらいいんだろうと、思っています。

 相撲の升席や、ベンツのことを伝えるみたいに、詳しく実況したらいいんだろうか。どうしたら升席に座れるのか、どうしたらベンツに乗れるのか、アクセスバーズで何が得られるのかとか。

カテゴリー
スピリチュアル ブログ

この人だけは、別格。「特別な人だ。」と思う人が、もし本当にいるとして。

 会社や団体の創始者と言われる人って、だいたい「特別な人」って思われていますね。もちろん、素晴らしい才能を持った人なんだろうし、ぼくもその功績には、敬意を払いたいと思っています。

 ただ一方でその人が、その周りにいる人の中で「唯一の」「絶対的存在」として崇められるようになってしまった場合、それはその中にいる周りにいる人が「信者(のよう)」であり、外側から見たら「宗教的」と感じられたりしないでしょうか。

 もしそういう状況があって、その中にぼくがいたとしても、その人を一人の人として見る視点(ポイント・オブ・ビュー)を忘れたくないし、できるならその人と同じ次元で見る視点も持ちたいなと思っています。

 というのは、「特別な人」と見てしまうと、そこにあるのは上下関係だけで、視点が固まってしまいます。

カテゴリー
アクセスバーズ ブログ

ながらライティング、ダブルポスト

 どうしたら、毎日ブログが書けるかな。毎日どころか、一日に何回でもブログを書いてみたい。

 ああ、そうかって。一休さんみたいに頭の上に電球がついた。これまでは、ブログを書くために時間を作ろうとしていたわけですね。自分で「集中しないと書けないタイプ。」って、自分のことを決めてたみたい。

 でもさ。他のことはけっこう、本読みながら、書き物しながら、計算しながら、YouTube見ながらって、「ながら」をやってるんだわね。

 そうか。ながらライティングでいいんだって、やっと気がついた。推敲もしなくていいし、ダブルポストどころか、トリプルでも、何度でもあちこちに同じようなことを書いてもいい。繰り返し書くことがあってもいい。

 無意識の意識、潜在意識に気がつくようになると、こんなふうに、どんどん変わる気がする。

 アクセスバーズを経験して、自分でもやるようになって、気づくことが増えたようだ。おもしろい。これから、どんどんおもしろくなる。

カテゴリー
スピリチュアル ブログ

年齢は情報のひとつ

 長いこと使っていても、壊れないモノってありますね。およそ100年前の1920年代のメタルクラリネットが家にあります。ほとんど使っていないので、現役とは言えませんが、数年前にメンテナンスをしていただいて、演奏が可能な状態にはなっています。

メタルクラリネット

 ふだん使っているクラリネットは、1978年フランス製のセルマー10S(テンエス)です。44年前なんですね。これも今年メンテナンスをしていただいて、コンディションはとてもいい状態になっています。

 楽器って20年、30年たっても使えるのは当たり前ですね。コンディションを保って、時折ちゃんとメンテナンスを続けていれば、世代を超えて使うことができます。ネックが折れていて、長い間使っていなかった50年前のクラシック・ギターも再生されて復活しています。

ちょっとむずかしい話をしてみます

 ぼくは、時間を「次元の属性」というふうに考えてみました。実際に、1920年も1978年も、50年前も、こうしてみると、今、ここに確かに存在しています。

 ふだん、この時間という「次元の属性」を、人は記憶の中の「変化の過程」として捉えています。10時を指す時計を見たあと、11時を指す時計を見て、「ああ、1時間経った。」と思うわけです。

 この「次元」というものは、同時にいくつも無限に存在していると言われています。1920年が存在するように10時の時計も「今ここ」に存在しているわけです。

 ただ、ぼくたち三次元の存在は、すべてを認識することができないので、「今」という「属性」が与えられたものだけを物質として認識することが可能なのです。

 だから「こうなりたい。」というアファメーションは次元を否定することになり、「既になっている。」というアファメーションが現実となります。実際に今ある自分の姿というのは、繰り返しそうやって(たぶん)無意識にアファメーションしてきた自分が選んで具現化したものなのです。

40歳になったら体力ががくんと落ちる

 60歳になったら、思うように動かなくなる。そう言われて育ちました。今でもそういう声を聞くことがあります。

 ぼくの認識は、今のカラダにあった運動をすれば、必要な体力は保てるし、もうすぐ62歳になる今も、体調は上がったり下がったりを繰り返しています。それは、10代のときも、20代のときも経験してきたことでした。

 年齢は属性のひとつです。常に変化はあるし、違いはあります。

 この話が腑に落ちれば、なんでもないことなんですね。この世界を満たしたかったら、自分を満たせばいいし、そのままでいいのなら、そのままでいいわけです。この世界を変えたかったら、自分が変わればいい。それが真実です。

カテゴリー
オカリナ ギター クラリネット ブログ 音楽

年内にどこかでライブをやりませんか。

テケト(teket)に登録

 「アーティストの応援もできる電子チケットサービス」teket(テケト)に登録をしました。

 登録したのは団体名ではなく、個人名で、このサイトのメールアドレスです。実際にイベントをする際には団体の名前とメールアドレス(メーリングリスト)で登録をしようと思います。

teketのホーム画面

開催時期

 開催時期については、冒頭に「年内に」と書きましたが、参加される方のご都合が重要です。年末年始は何かとお忙しいかと思いますので、その時期を外すと、2022年内は難しいかも知れません。

 時期にこだわりはありません。今は、「もし年内に何かできたら楽しいだろうな。」ぐらいの感覚です。

開催場所(候補)

 ぼくが代表をしている岩美オカリーナ・クラブで開催するとすれば、場所は岩美町中央公民館いわみんホールになると思います。

 また、鳥取県東部地域のオカリーナ教室の皆さんが共同して何かやりたいということであれば、いわみんホールの他に鳥取市のわらべ館イベントホール、鳥取県立生涯学習センター県民ふれあい会館ホール、とりぎん文化会館なども開催場所として候補に挙げられると思います。

 いわみんホールは、340席と適度な大きさで音響も設備も良く、岩美オカリーナ・クラブが主催ということになれば、代表者であるぼくが岩美町在住なので、費用負担がほとんど(たぶんゼロ)ありません。

費用について

 最初に紹介したteketは、ネットで集客PRやチケット販売もでき、無料で開催するイベントについては、利用料もかかりません。もちろん、無料にこだわっているわけではありません。チケットを有料で販売してとしても、これまでよりも費用は抑えられると思います。

 それに開催するなら、できれば同時に(あるいは録画で)YouTube配信をしたいと思います。

 テケト(teket)について、わかりやすい動画が見つかりました。

teketで演奏家が自分でコンサートをつくる時代に|ヴァイオリニスト 石上真由子

引き続き更新します

 このページは、随時更新していこうと思いますので、下記にQRコードを置いておきます。ブックマークあるいは、QRコードを保存してまた見ていただければ幸いです。

今見ているページのQRコードです