キンドル・オアシスで、本当に風呂で本が読めるのか、試してみた。

ぼくは、いつも家族の中でいちばん最後に風呂に入るので、ボイラーの熱い湯をどぼどぼとつぎ足して、ゆっくりと浸かる。

今日は、本当にキンドル・オアシスを風呂に持っていって大丈夫なのか、試してみることにした。

先日から、この端末で読んでいるのが、「山本周五郎短編全集」だ。やっと第3話を読み終えたところだが、数えてみると77話もある。紙のページだと何ページあるのか、調べようとしたが、わからなかった。「この本について」を開いてみると、「読み終えるまでの平均的な時間」が43時間47分だそうだ。ずいぶんかかりそうだ。

いわゆる時代小説だが、心理描写がこまやかで、臨場感がある。じゅうぶんに現代でも読み応えがある本だと思う。

お風呂にちゃぽんと浸けても大丈夫と書いてあるが、そもそも潜って水中で読むわけじゃないから、湯船に浸かった状態で、手にとって読んだ。それでも、水滴はたっぷりとつく。文字の上に水滴がつくと読みづらくなるので、濡れた手で拭き取る。そうすると、だんだんに全体が濡れてくる。

ページめくりに関しては、ボタンがあるので、表面に触れなくて済む。しかも、片手で操作がしやすいし、持ちやすい。誤動作のような症状はまったくなく、快適に本を読むことが出来た。

電源ボタンを押すと、数秒間、USBソケットの近くで黄色いランプがつく。ランプが消えると、その部分は、よく見なければわからないくらいで、ほぼほぼ何もなくなってつるりとしている。ボタン類もしっかりと防水処理がされているようだ。

上がって拭き取ると、当たり前だけど、元通りきれいになった。

今後は長風呂になりすぎないように注意しないといけない。今日は30分以上湯に浸かっていたようだ。

キンドル・オアシスが快適で、読みやすい。(エフセブン・ドットコムの記事)

今を生きる意識を持ち、健康で生きる。

今日は、快晴。とても良い天気でドライブ日和、散歩日和だった。

用があって、津山市に向かう途中、コンビニでトイレを借りた。いざ手を洗おうと見ると、洗面台のまわりがびしゃびしゃと水滴が飛び散っていた。こんなとき、以前ならただ顔をしかめるだけだった。今は「よし。きれいにしてやろう。」と思う。トイレットペーパーで拭こうと思ったが、隅の方にトレイに載った、折りたたまれた布巾があることに気づいた。その布巾を借りて、水滴を拭き取ることにした。トレイと布巾の間にはアニメのキャラクターがデザインされたスポンジがはさんであった。拭き取ったままの布巾をそのまま置いても、スポンジが水気を吸い取ってくれる。たぶん、そういった配慮だと思う。水滴を拭き取ろうとしなければ、その気配りに気が付かなかったと思う。

たぶん、この店のオーナーか、アルバイトのチーフのアイデアなんだろう。すっかり拭き上げて、元通り布巾を洗って絞って戻しておいた。ただトイレを借りただけだったけど、すっきりした以上に清々しい気持ちになった。

道中、ゾロ目のナンバーを度々見かけた。今日だけで20台以上見ただろう。めったにないことだ。何か今日が大きな変化の一日になったような気がする。

昨日も、どこかでそんな話をしたが、新型コロナも、もう氣にしなくていいんじゃないかと思う。元気な人にとってはただの風邪だし、かかったとしても治せばいい。とにかく一人ひとりが、今以上に健康に氣をつけることじゃないだろうか。今持病があるから、糖尿などの基礎疾患があるからといって、それだけでかかるわけじゃない。

意識を変えないと生きられない時代になったんじゃないかと思う。

口腔内環境から、免疫力を上げる

今日は定期的に通っている歯科通院の日だったのですが、口腔内の菌が活発化していて、免疫力が低下している兆候が見られますと言われた。その医院では、毎回サンプルを採って、顕微鏡で撮した動画を見せてくれるんですね。確かに、口腔内菌が活発に動いている様子が見えました。

免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなるし、昨日は腹痛でしんどい思いをしたばかりです。免疫力が落ちると、体力も気力も落ちて、また腰痛になってしまいます。放っておくと口臭の原因にもなるので、相談したら、次亜塩素酸水を使ったうがいを勧められました。お試しサンプルをいただいたのですが、この液体が「何かの間違いじゃないか?」と思うくらい、ありえんぐらい臭いらしい。「3日間、我慢して使ってみてください。」と言われた。

おそるおそるですが、使ってみようと思います。

いつもは3ヶ月に1回なんですが、今回は効果があったかどうか見たいので、1ヶ月後にということで、予約して帰りました。

[Amazon限定ブランド] 次亜塩素酸水マウスウォッシュnapicareパーフェクトペリオと同じ濃度

新品価格
¥2,850から
(2021/2/5 17:16時点)

お腹が痛い。豆の食い過ぎか。

今朝、豆まきの豆、硬いやつをけっこうボリボリ食べちゃいました。普通に昼ごはんは食べて、その後、断続的にキューって胃が絞られるような感じ。排泄は普通でした。午後パソコン教室だったんですが、なんとか無事にできました。我慢できないほどではなく、時折痛みがあるって感じですね。吐き気は、ない。熱もない。気力もある。

その後、夜はオカリーナ教室。やはり、断続的に痛みはきます。気のせいか、心なし吐き気がするような。帰り道、運転しながら、体が重く、しんどさがこたえます。結局、帰宅後、晩ごはんを食べずに、風呂にも行かず、そのまま着替えて布団にもぐりこみました。途中目をさますことなく、10時間くらい眠ったように思います。

強制リセットだったのかも

無意識のうちに、頑張りすぎていたのかなと思う。安め、頭を空にしろ、ということなんだと思った。

これを書いているのは、翌日2月5日。お腹は、なんともない。大丈夫でした。

画像は、最近身につけているブレスレットです。大きい方は、ゴールドタイチンルチルクォーツの18ミリという大玉です。少しゆるめ、長めに作っていたんですが、自分でゴムを調整して手首にフィットして、ふだんから身につけられるようにしました。ものすごいパワーを感じます。現実にこのブレスレットを手に入れてから、金運はぐんと上昇しています。

ToDoリストを作って、準備をバッチリと!

今日は、3つのグループのオカリーナレッスンをやりました。オカリーナデイ!ですね。今日も楽しい一日でした!

レッスンの準備をするタイミングは、これまでは前日でしたが、3つとかあると、間に合っていないことがあります。今回もちょっと感じたことがありました。これからは、レッスン終了後、まずレッスンごとに「ToDoリスト」を「一つだけ」作って、作業を進めることにします。「ToDoリスト」については、パソコンの使い方なので、「エフセブン・ドットコム」の方に詳しく書こうと思います。

「ToDoリスト」は、以前も同じような状況で作ろうと頑張ったことがありますが、文字通り「頑張っちゃう」んですね。あれも、これもと詳しくToDoリストに上げていって、結局面倒になってしまう。そのため、今はEvernoteに書いているレッスンの記録の中に、必要なリストを加えておいて、あとで見るということをやっています。でも、そのリストが目につかないところにあるので、たまに見落としていることがある、というパターンです。

終わったときに、ひとつだけ、要点を書く。

それで、いいことを思いつきました。レッスンが終わったあと、必ず「一つだけ」ToDoリストを作る、です。これなら、スマホで5分で出来ます。そのときに詳細は書かない。あとで見直したときに、必要に応じて詳細を書き加えまる。これは、いいアイデアです。これなら、続けられます。これから、準備もバッチリ!!

これまで、準備不足というのは、意識の中にはどこかにあって、考えていないようで、「何か足りないのではないか。」と、常に頭のどこかに残っていました。その「残像」がなくなれば、ほんとうの意味で「今」に集中することができます。

ブログを続けていられるのも、アウトプットが進んできて、今に集中する部分が増えてきたこともあるでしょう。ToDoリストもアウトプットのひとつと考えることが出来ます。今に集中するから、こういうアイデアも生まれるんですね。

白梅が咲いています。いよいよ新春、今日が節分です。

昨日と同じようで、昨日より春めいた感じの、ぽつりぽつりとした雨模様です。2月ですから、当然、気温は低いんですが(昨日より低い)、感じる雰囲気は「春になった。」です。

今年は、節分が1日早くて、2月2日です。節分が早くなったのか、暦が合わなくなったのか、どっちかでしょうけどね。

昨日から、エフセブン・ドットコムの方でも毎日のブログ更新を開始しました。こちらの方は、パソコン関係の記事が中心になると思います。パソコンに興味のある方は、時々チェックしていただくと嬉しいです。

絶対咲いてると、ピンと来たので、鳥取市の樗谿(おうちだに)公園の梅を見に行ってきました。やはり、白梅が咲いていますね。とっても、いい感じ!小雨が降っていたんですが、やはり白梅を見るとホクホクします。

時間が空いていたので、クルマを走らせて、気高の大タブノキを見に行きました。ものすごいパワーをいただきました。やはり雨で、晴れていれば見えるはずの鷲峰山(じゅうぼうやま)は、霞んで見えませんでした。ただ、存在感は確かにありました。帰り道、海の上に橋がかかるように虹が見えた(写真は撮っていません)。

気高町山宮阿弥陀森の大タブノキ 左のセレナが軽自動車のように見えます。

節分は大きな区切りです。2021年はいい年になります。

春の雨、いろいろと進める。

今日は、ぽつりぽつりとした、降ったりやんだりの一日雨でした。夜でも、隣の部屋でストーブが付いているから、暖房なしでいられる。ずいぶん暖かく感じるけど、外は7〜8度くらいだろうか。部屋の中は15度くらいはあると思う。いい季節になりました。また、明日は冷え込んで雪が降るらしいけど、一時的なもの。だんだんと春らしくなってきます。そろそろ、樗谿公園の梅を見に行かなくては。

「ピクチャーレコード展」に行ってきた

わらべ館で開催されている「ピクチャーレコード展」に一人で行ってきました。とても静かでしたね。ほとんど一人きりでした。月曜日だもの。午後からは、数組の親子連れとすれ違いました。

音楽室から「うたの広場」の入口。展示品のリストもここにある。レコードコンサートもあるようだ。

童謡・唱歌とおもちゃのミュージアム わらべ館

詳しくは、上記リンクの中にある「イベント情報」を御覧ください。

ピクチャレコード展の開催されてる「うたの広場」 左奥が「音楽室」奥に入って右が「教室」

ピクチャレコードというのは、今まで知らなかった。とてもカラフルで美しい。当時の楽譜と一緒に展示されていて、歌もイメージしやすい。同じ曲でも絵柄の違うレコードもあり、当時でも人気の曲だったんだということがわかる。薄い透明な樹脂がレコードの上に塗られていて、当然溝があるんだけど、ぱっと目には溝はわからない。

ひとつひとつが鮮やかなピクチャレコードの数々
高野辰之作詞・岡野貞一作曲・田口敏子歌「ふるさと」
いわさきちひろの絵が使われたピクチャレコードもあった。

らせんスロープは工事中で通れません。2階、3階へはエレベーターを使って上がり下りすることになります。

3階エレベーターホール
全国の童謡・唱歌に関連した記念館のパンフレット 「わらべ館」も特色ある記念館のひとつだ。

「青葉の笛」「シチリアーノ」の2曲を録音してみました。

2月からは心機一転、気になっていることをひとつひとつ片付けようと、デジタルカメラSONY RX100 Ⅲをカメラのキタムラに修理に出しました。ファインダーが調子悪く、だんだんと映らなくなってきていました。

2月からは、更新するブログを増やします。といっても、これまでから時々更新していた「エフセブン.com」です。こちらのドメインでは、それまでの「パソコン教室のエフセブン.com」の内容を引き継いで、固定ページにまとめていく予定です。

kindle oasisを注文しました。17〜18日頃に着く予定です。今、本を読んでいるkindle paperwhiteはいつ、買ったんだろう。購入履歴を調べると、2013年の3月で第5世代の製品(paperwhiteとしては、初代)だったようだ。8年近く使っていたってことか。ぜんぜんだいじょうぶです。バッテリーももつし、今でも読みやすい。お風呂で読めないのと、ページめくりが遅いくらい。あと、もうちょっと見やすく、大きくなって、めくるボタンがあれば。

それぞれの端末に別々の本を入れておけば、いくつかの本を並行で読めます。雑誌は大きな画面のiPadのほうがいい。カラーだし。

キンドル・オアシスが快適で、読みやすい。(エフセブン・ドットコムの記事)

2月になりました。

1月31日の深夜0時過ぎですから、感覚としてはまだ1月ですが、カレンダーは2月です。

こんな時間にパソコンに向かっているのは、珍しいのですが、なんとなく風呂が遅い時間になったのと、2月ということを感じたくて、まったくテーマは決めていないんですが、パソコンを開きました。今、目の前にあるのは、2014年に購入したマックブック・プロです。最新OSにアップデートされ、まだまだ現役です。

風呂上がりのビールが傍らに置いたグラスに注がれています。これを飲み干したら、布団に入ります。これから書くのは、ビール1杯分の文章です。

パソコンは、この部屋だけでWindows10が3台、あとは、このマックブックと、iPad Pro 12.9など、タブレットが、何台かあります。それぞれ、少しずつ、用途が違うので、講習会にはこれ、持ち歩き用はこれ、すぐ使えるようにプリンタの上に置いているのが1台とか、ある程度使い分けています。マックブックはサブで使うことが多いし、音楽編集とかは、マックでやります。

2000年に自宅でパソコン教室を始めたときは、デスクトップが2台、Windows98で、ソニーのバイオがノートパソコンで、WindowsMeでした。

何台も買い替えましたね。ハードは、もう迷わないですね。必要なものを必要なときに購入します。最近は、パソコンの注文も受けるようになりました。昨年は5台くらい売ったかな。あくまでその際のサポートとレッスンが本業ですからね。積極的に販売はやりません。

といいつつ、中古販売に手を出そうとした時期があったことを思い出しました。オークションの代行や、楽天ショップのメンテナンスを仕事として受けていた時期で、中古品を自分で仕入れて販売するには、古物商の届け出が必要なんですが、なぜかその仕事はその後パタッと止まり、立ち消えに。代わって音楽の比重がぐんと大きくなりました。

こうして書いてみると、その時々に、予想していなかったような流れの変化がありました。

今は、ハードより、ソフトですね。こうしてブログも書いていて、あっという間に1月ずっと休まず書き続けられました。もう、モノを作って売る時代ではないような気がします。

もっと、そういった動きがはっきりするでしょうね。ハードからソフトへ。時間や距離を超えた人とのつながり。

さて、グラスの中のビールがどこかに消えちゃいましたね。かすかな泡が置き去りになっています。グラスは水洗いをして、机の上に伏せておきます。そろそろ湯上がりの体が冷えてきました。風邪をひかないように、おやすみなさい。

水洗いできるものは、サッと洗う

油もの以外の食器類は、台所のシンクのたらいに溜めた水で洗って、少量の流水でサッとすすいで、清潔なタオルで拭けばオッケー。洗剤も使う必要がない。タオル、ハンカチ類を洗濯機で洗うときも、ひどい汚れじゃなきゃ、すすぎ1回コースでオッケー。水の節約は普段からやってる。湯たんぽのお湯は、朝洗顔に使うし。

節電もまだできることがあるかな。スマホ、タブレット等は充電が済んだら、コンセントから抜いておくとか。

SDGsの視点で見ると、生活の中でいろいろ変化することがありそうだ。単に節約だけでなく、新しい発想が出てきそうで楽しみだね。

今日は、久しぶりにブリタポットのカートリッジを交換した。8週(約2ヶ月)で交換するように書いてあるんだけど、冬場は使用量が少ないので、3~4ヶ月くらいは交換していない。ついでに、冷蔵庫の製氷タンクも掃除をして、水割り用の氷も作ったりするから、今後しばらくは、8週でカートリッジ交換します。

※お求めやすくなりました※【訳アリ】公式 浄水器のブリタ 交換用カートリッジ マクストラプラス用 6個セット | カートリッジ 浄水ポット マクストラ 日本仕様 ブリタカートリッジ brita maxtra マクストラプラスカートリッジ プラス ピッチャー ポット型浄水器 冷水筒

価格:4,307円
(2021/1/31 22:56時点)
感想(93件)

全体があっての詳細なんだと思う。

何の話やねんって思う。このタイトルだけじゃ。

ぼやけてても、見えればなんともない。(当ブログ記事)に書いたように、日常生活は、メガネやコンタクトレンズがなくても生活できるし、外に出る用事がなければ一日中裸眼で支障がない。不便でもなんでもない。今、見ているパソコンの画面も「しっかり」ぼやけている。文字は、自分の打った文章なら、なんとなく、ぼんやりでだいたい読める。他の人の文章を読むときは、顔を近づければいいし、むしろ20センチくらいの距離なら、裸眼のほうがよく見える。

今日気が付いたのは、全体を見るときは、そもそも詳細(ディテール)は見ていないということだ。そして、必要なのは全体、つまり大枠の理解であって、詳細は必要に応じて知っていればいいということだ。なんだ。当たり前じゃないか。これは、すべてに当てはまるんじゃないか。

そしてぼくの音楽やパソコンのレッスンって、もしかしたら、一般的なレッスンではないかも知れないなって思った。理論やテクニックは必要に応じてで構わないし、必要なければ、なくてもいい。感じたこと、全体的なことをまず伝えるようにしている。これが基本という理論を最初に徹底的に叩き込まれると、そこから抜け出せないタイプの人もいて、ぼく自身それで行き詰った経験があるからなんだと思う。

この人には何が必要なんだろうというところは、見ていれば伝わってくるし、応えることができる。理論は、理解することに役立つけど、伝え方は人さまざまだ。

聴覚に障碍がある方のパソコンクラスを受け持ったとき、マウスのクリックというのが伝わらない。中途失聴の方以外は、これまで「カチカチ」という音を聞いたことがないわけで、ホワイトボードに絵を描いて伝え、ジェスチャーで伝えた。「入力」という言葉も、「どこに力を入れるんだ?」ということになる。補助に来てくれていた手話通訳の方も決してパソコンが得意というわけではなくて、一緒に伝わる方法を探っていった思い出がある。そこで、パソコンとは何か、オーエスとは何か、ウインドウの開き方・閉じ方・移動の仕方、なんてことは後回しでいいし、まったく必要ではなかった(書いたものを渡して、その部分は端折った)。

ぼくが絵を見るときも、あまりディテールは見ていないかも知れない。全体から受ける迫力や熱量が伝わってきて、刺激になる。あともうひとつ思ったことがあったけど、忘れた(笑)。