意志よりも意識

久しぶりに予定がなにもない、日曜日。ここぞとばかりにぐーたらと寝たり起きたりして過ごした。

今日1月17日は、26年前の1995年に阪神淡路大震災が起きた日だ。1月も半月以上過ぎた。

こうしてブログが続いているのも不思議だ。昨年は4月から数ヶ月はヒマだった。それでも続かなかったブログが半月以上続いている。20年くらい前、ヘビースモーカーを超えるチェーンスモーカーで、何度もやめようとしては、やめられなかったタバコをある日ばったりとやめた。あのときの感覚に似ている。「タバコをやめたい。やめたい。」と思っている間は、意識のどこかで「やめられない。」と思っていた。

タバコをやめようと思ってやめたのではなく、「なんか、もう吸わなくていい。いらない。」と思うことができた。

今も「続けなきゃ。」じゃなくて「続けられる。」という感覚がある。そういえばオカリナもそうだったな。ずっと吹き続けられると思ったんだった。意志ではなく、意識が生きるってことなんだなぁ。今、どんな意識があるかというと、やはりアウトプット、感じたことを外に出して眺めたい。その流れの中での自分自身を見てみたいというものだ。

感覚というのは、基準を作ってしまうと、ある一点からが良くて、その一点からが悪いに分けてしまうことになる。どんな感覚も、ただ違いがあるのであって、もともと基準はない。人間が社会生活をする上で、分類をして、都合として基準を作っただけなのだ。

加工された情報

情報は、人から人へ伝わるうちに、思い込み、勘違いによって、まったく異なる内容になって伝わってしまうことが起こる。それは、時に意味がまったく逆になってしまうことがある。

「伝言ゲーム」を50人くらいでやってみてほしい。時間制限を設けないで、どんなに慎重に伝えあったとしても、どんな内容が伝わるだろうか。元の情報がそのまま伝わる可能性は、ほぼゼロと言っていい。

現代は、情報化社会であるため、これまで以上に、情報の中身を吟味する意味が問われている。

情報が正しいものかどうかを見分けるポイントはいくつかあるし、見分けるのはそう難しくない。

伝聞ではなく、一次情報であるか、どうか。

情報の発信者が信用できるか、どうか。

何よりも、社会や、先入観のフィルターが、かかっていないか、どうか。

痛みの記憶

腰を痛めた夢を見た。ぼくは、夢の中で何をしてしまったのだろう。ちょっとでも体を動かせば、腰の付け根あたりから、背骨が、ギリ、ギリ、ギリ・・・、と折れてしまいそうな痛みがあり、不安があった。冷や汗が出た。ただ不思議なことに「これは、これは夢だ・・・。」という自覚があった。

朝、目が覚めても腰に感触があって、実際に痛みを感じていた。これは、寝ている間に何か無理な姿勢をしていて、本当にどうにかなってしまったのだと思った。寝返りを打つと、痛みが現実のものとして、感じられた。「これは、やばい。」そう思った。

おそるおそる、布団をはねのけて、いつも起きたあと、仰向けで寝たままでやるストレッチ運動をやってみた。

痛みが嘘のように消えていて、ストレッチ運動が終わったあと、何事もなく起き上がることができた。

まったく、痛みは、ない。

さらに座った姿勢でストレッチを続けながら、あれは、なんだったんだろうと考えた。

その後も、腰に痛みを感じることもなく、一日を過ごし、夜を迎えることが出来た。

ここ数日は、年末に腰を痛めて、それを知っている人に「これは持病なんですよ。」という話はした。

「その後、よくなりました。」というご報告もした。

痛みは、痛い部位ではなく、脳が感じるのだそうだ。

だから、腰が痛い夢を見れば、脳が「腰が痛い。」と感じて、現実に腰が痛くなるんだそうだ。いつもは、目が覚めると、それを忘れているだけなんだそうだ。

新しい習慣

気がつくと、ここ半年くらいで、新しい習慣が身についた。

外で人と会うときにつけるマスク

最初はぎこちなかったけど、マスクを付けるのは、ほぼ当たり前になってきた。いろんなデザインの布マスクを日替わりで使う。T.P.O.で、白い不織布マスクのときもある。ただぼくは、鼻が低いのか、すぐ下にずれちゃうので、絶対にずれなくて、息のしやすいマスクがあるといいなと日々思う。

どこでも建物の入口での検温、手の消毒

これをやっても、すぐにビル内の事務所に立ち寄って、椅子や机を触ったり、書類を触ったり、備え付けの筆記具を使ったりすることがあるので、写真の「手ピカジェル」のような、携帯の消毒用アルコールを持ち歩いていて、時折手を消毒する。アルコールタイプ、ノンアルコールタイプの2種類のウェットティッシュも常に持ち歩くようになった。タオル、ハンカチも毎日2枚ずつ持ち歩く。

帰宅後

家に帰ると最初にやるのは、レンズを外して、目を洗うこと。目は、一日中無防備な状態で空気に触れていた部分なので、真っ先に洗い、顔を洗い、石鹸で手を洗い、イソジンでうがいをする。

新しい習慣は、他にもたくさんあると思う。

二十歳の誕生日に贈られたことば

真っ直ぐに生きようと思うな 曲折多き自然も また 美しいではないか

米子の下宿で一人暮らしをしていた頃、同じ下宿に住んでいた年上の女性にこの言葉をいただいた。その後、ずっと座右の銘にしていたのだけれど、ふと、忘れていたことに気づいた。改めて、曲折(困難)多き人生にもエールを贈りたい。自分自身にも、他の誰にでも。

【指定医薬部外品】手ピカジェル 300ml(消毒)

新品価格
¥720から
(2021/1/15 23:14時点)

メールアドレスって必要?

以前は、連絡手段として、メールアドレスが必須だった。なにはなくても、メアドって思っていた。でも、最近は、SNSが中心になってきた。連絡を取り合うのも、LINEや、メッセンジャーがほとんどだ。

メールはというと、企業からのPRが割合としては多くなった。

なんのことはない、昔DMやポストインのちらし、電話ボックスや電柱に違法に貼られたビラに代わって、メールが使われるようになったってこと。FAXもだんだん使わなくなってきたし。写真なんかも、メールに添付とかしないで、アプリで見える。

連絡先として、住所、電話番号、メールアドレスなんかを登録していたけど、ぜんぶ個人情報だから、だんだんそれも敬遠されつつある。登録しないで、買い物とかもできるしね。

不要になったメールアドレスは受信を止めようかな。

ノートパソコン、バッテリーの劣化

2018年11月に手配して購入していただいた有名メーカーのノートパソコンのバッテリーが、完全に消耗して充電できないことがわかった。

調べてみると、保証期間はメーカー保証の1年のみで、期間が2年ちょっと過ぎていた。

有料で修理するか、バッテリーの品番を調べて交換するかのどちらかになる。

こういう経験をすると、最低3年か5年は保証期間を設定する必要があるのかなと、思う。1年は短かったな。今度から、そうしよう。

楽な呼吸をする

オカリナ教室でもクラリネットやギターの教室でも、どこでも、レッスンの中では口酸っぱく「楽な呼吸をしてくださいね。」と繰り返し言って伝えています。

呼吸はとても大切です。無理な呼吸、ただいっぱい吸うことを目指すだけの呼吸、やみくもに腹筋で響かせようとする息では、いい声、いい音が出せません。

どんな息も、循環をして、共振をします。調和する振動だけが、共振を始めます。体の中では、代謝となり、交感神経、副交感神経のバランスとなります。そこで生まれたリズムだけが音楽の基礎となります。

イメージすることも大切です。言葉にもリズムがあるし、流れがあります。ただ文字を追い、楽譜を追うだけでは、頭の中で情報処理をしているに過ぎません。

これは、歌詞のない曲、ギターやピアノで伴奏をするときにも言えることです。

集中するあまり、息を止めて弾いているピアノを聞いたことがあります。おそらく、呼吸のことはあまり意識されていないのでしょう。

楽な呼吸は、楽しく生きる上でも意識をして、身につけておきたいことだと思います。

深夜の白ワイン

これは、完全にラベルだけで選んだワインです。クラリネットと鳥。スペイン産の白ワイン。ボデガス・アバニコ、シンフォニア ベルデホ。

それでも、いいと思う。いいと思えるのなら、あとは、いいと思えるシチュエーションに出会えば、カンペキ。

いま、深夜。もう寝ようと思っていたのに、ワインのコルクをこっそり開けた。

ビールを飲んだあとの、グラスに1杯だけ注ぎました。ワインボトルの「肩」のところまで減りました。

ああ、ウマい。値段じゃないな。こういうのって。確実、そうだ。

飲みたいときが今だと思ったから、飲んでいます。

ここまで書いて、1杯目が終わりました。

トイレに行ってきます。

もう一杯だけ、飲みます。ラベルの上の線まで減りました。

二十代の頃、東京中野坂上(中野本町)のアパートで一人暮らし。この深夜のお酒タイムが一番ぜいたくな時間だったなぁと、思い出す。携帯とかなかった時代の部屋には、黒いダイヤル式の電話。深夜でもお構いなしにけたたましい音でジリリリリンと、鳴る。隣近所は電話の音くらいじゃびくともしない。時代もあるだろう。とにかく、時々、このぜいたくタイムを奪われる。まぁ、それも、楽しかったんだけど。

自分の意識と向き合うことが大事だと、今ははっきりわかる。当時はぼんやりしていたなと思う。焦ってもいたし、つい最近まで頑張ることだけやっていたように思う。

病気になることも、年を取ることも、ひとつひとつが体験だと思う。味わえるかどうかで決まる。肉体がここにあって、生きることが体験だ。そこから逃げることはできないわけだから。

さて、2杯目を飲み終わりました。残ったワインはコルクで栓をしておきます。

グラスを洗って、軽く拭いて、机の上に伏せておきます。あしたの朝、ちゃんと食器棚に拭き上げてしまいます。

では、おやすみなさい。すべての人が今夜、いい夢を見ることができますように。

氣。

今日は、ずっと一日中音楽の仕事でした。好きなことが仕事にできて、楽しいっす。

レッスンは、オカリナ、クラリネット、ボーカル。オカリナのグループもあって。そういや、今日はギターのレッスンがなかったなー。

一人一人の息を使う感覚を感じながら「氣」を思う。

この前から、考えることがあって、もう少しまとめてから、この文章を完成させます。

iPadで撮影した写真を、PCに月ごとの写真フォルダに保存したい

#備忘録 #PCサポート

以前は、これが簡単にできた・・・ハズ。

OSやアプリが日々更新(バージョンアップ)された結果、これまでとやり方が変わることがある。

デジカメやSDカードの場合は、Windows10 PCの「フォト」アプリから「インポート」を実行することで、月ごとの「フォルダ」が作成され、それぞれのフォルダに保存することができたと思う。

iPadもデジカメ同様に、USBケーブルでPCと接続すれば、以前はできたんだけど、それができなかった。

今見ると、iPadの方の「写真」アプリはずいぶんメニューが変わったように見える。基本的にiCloudにファイルを更新するようにまとめられているようだ。

ぼくの場合は、Googleフォトを利用しているので、iPad、iPhone、PCのどこからでも、月ごとに写真ファイルを見ることは可能だ。

こうしてみると、だんだんと、クラウドが中心のアプリが増えているような気がする。

安全性とかは、今後、どうなるんだろうか。クラウドサービスの仕様が変わることはないんだろうか。そういえば、最近Googleフォトの方は、昨年6月に「容量無制限保存」サービスが終了したのだった。それも「高画質で保存」を選択すれば、無制限で保存できる。

ところが・・・

Google フォトのストレージ ポリシーに関する重要なお知らせ

このリンク先は、Googleフォトの「ストレージ ポリシー」なんだけど、2021年6月1日以降、高画質でバックアップされる写真や動画は、アカウントの保存容量を使用すると書いてある。その保存容量は102GB(ユーザーによって違うのかも??)となっていて、アカウントの保存容量というのは、Gmailと共通の保存容量・・・なのかな?

そうだとしたら、以前無料で利用できる容量は15Gだったと思う。102GBあれば、これまでよりも多少余裕はあるのかな。