雪になりました

1月7日(木)になって、天気予報のとおり、日本全国で雪が舞っています。冬型の気圧配置は、日曜日10日まで続く予報なので、明日も積雪が心配です。

朝のうちは、雪がちらつく程度だったのだけど、風も雪も10時くらいには真横に吹き付けるような感じに変わりました。海岸沿いの道路は、時折「ホワイトアウト」といった感じで、前を走る車両がかすかにテールランプで見えるくらいでした。

気温もぐんぐん下がっていって、外はお昼には0度か、氷点下に。予報では明日にかけて最低気温がマイナス5度くらいなる予想で、夜から朝にかけて道路が凍結する可能性が大きい。

独自の判断で臨時休業

といったことで、午後、夜の予定を11時くらいの段階でキャンセルすることを決めました。パソコン教室と、オカリナ教室ですが、自分自身が、というより参加される方の往復が危険だったり、苦労をかけることが予想されるため、やむなしの判断です。

お一人お一人にLINEだったり、ショートメールだったりを送りながら、こういうときの緊急連絡網って必要なんだなぁって思った。幸いお昼過ぎには、全員から了解の返信がいただけたので、ひと安心。

まあ、一人でやっている個人事業主なので、どうってことない。このままでも良いけどね。

会場の方は、県の施設を予約して借りているので、雪のため中止の連絡を入れておきました。県から大雪の特別警報が出れば、減免になるかも知れないということらしく、会場費の支払いは後日で良いとのこと。

こういうとき、不思議と「損をした。」って思っていない自分に気がつく。時間をもらったのであり、普段できない体験ができた。このことを通じて、考えを深めることもできるし、こうしてブログも書ける(笑)

新型コロナ対策に思う

一方で、新型コロナで都会で緊急事態とか言われて「従わないと店名を公開する」とか、行政によるいじめなんじゃないかな、それって。そういう切迫した状況で仕事をされている方の心中を思うと、心が痛む。どうか、ここを乗り越えて、がんばってほしい。

一般の人々の感染症に対する対策はじゅうぶんに行われていると思う。飲食店でも、なるべく距離をとり、衛生に努めているのがわかる。その結果が、インフルエンザなどの新型コロナ以外の感染症の激減という事実にあらわれている。誰もがマスクをし、まめに手を洗い、うがいをしている。そろそろ、人々を脅して経済を逼迫させているやり方を改める時期に来ているんじゃないかと思う。

もし、身近に新型コロナウィルス感染症にかかった人がいるなら、会うのを控えるのはやむを得ないが、それ以上に詮索したり、誹謗する必要はない。他の感染症や病気と同様に、ただ快復を祈るだけだ。その後元気になったなら、元どおり、良かったと伝えたい。

冬のアイテム
常に持ち歩いている複数のウェットティッシュほか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です