無意識が一番デカい。

人間の脳みそで考えることは、パソコンで言えば「高速データ処理」です。それは、CPU(情報処理)にハードディスク(記憶)がくっついたようなもの。もちろん近年では「ハードディスク」の代わりとして、SSDなどの大容量メモリが徐々に使われるようになりました(蛇足です)。

とにかく、ニューロンの働きを通じて、過去のデータ(記憶)とアルゴリズム(考え方のようなもの)を組み合わせて常にコマンド(指令)を出しているのが、脳みその役割です。

人類は、長い年月を経て、立って歩き、道具を使うようになりました。だから、他の動物よりも、スーパーコンピューター並の脳の発達が必要でした。細やかで複雑な動作が必要だったからです。

高機能であること

現代の人々は、より高性能なモノ、例えばクルマとか、そういうものを求めます。機能が高度に発達することで、進歩、未来性を感じるんですね。それは、わかります。わくわくすることは、いいことです。

ずっと、そんなことを考えているとね。ぼく自身も含めて、自分自身の感覚が感じていること、それを元に自分が生かされていることを忘れていますね。

無意識でやっているのは、呼吸だけじゃない

呼吸だけじゃない。実は、ほとんどのこと、というか、100%無意識でやっていて、それを脳みそが助けているだけ。

前回のブログ、自分を整えるでも書きたかったのは、そういうことだと思います。自分を整えて、自然に生まれるのが自分自身を取り巻くすべての世界であって、自分自身の感覚を忘れて、無視して、脳みそだけで行動してしまうと、自分自身と他の世界との膜の間でもがいているということになる。

もちろん、それも自分自身の経験なので、もがき苦しむことも、自分の選択になっているわけです。それを、苦しみ、痛みがあると、なかなか自分で認められないだけ。

「ああ、なんだ。そういうことだったのか。」って、腑に落ちたら、もうただ、この世に現れたこの肉体を通じて、自分を整えていくしかない、ということになります。

整え方のひとつが、宗教ということなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です