回転する時間

「開店」する時間・・・の間違いじゃなくって(笑)。時間は、直線じゃないなって、ふと思ったので。

いろんな変化を捉えて、時間の経過を感じるわけだけど、その変化って、常に一定じゃないし、繰り返し回転しているように感じた。だから、いいときもあれば、悪いときもあったりするんだな、と。

どんどん良くなったり、どんどん悪くなるってことじゃなくて、回転する時間の中で、自分で決めたらいいんだって思った。自分で良くなると決めたら、良くなるし、悪くなると決めたら、悪くなるだけのこと。

この腰痛も実際そうだった。持病でいつも悪いと決めていたから、治らなかった。二十代からだから、もう、何十年もだよ。

これも回転する時間の中に、いいときや悪いときがあって、去年激痛で1ヶ月近く動けなかったときに、良くなると決めた。それからも何度か病院に通ったけど、それも時間が回転していたからだ。少なくとも、どんどん悪くなっていないし、いつも悪いわけじゃない。

年齢を重ねるということも、大きなサイクルの中にあって、直線的に数字が大きくなるわけじゃない。常に回転する時間を体験している。そして、その回転は常に新しい。現実に二十代のときに経験できなかった新しい経験を六十歳を迎えてしているわけだ。この文章も二十代では書けなかった。

これからの人生は面白いと決めた。ぞんぶんに楽しもうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です