兵庫県新温泉町穴見海岸

時間を見直すのではなく、行動を見直すべし

「べし。」って・・・なんか、久しぶりに聞くフレーズのような気がする(笑)

ぼくは、これまで、時間をもとに行動を考えていたように思う。

「いついつまでに、これをやっておく。」
「これが済んだら、〇〇分で片づける。」

「これは、2時間の空きがあったらやろう。」

みたいな感じだ。

それで、思ったようにできないこともある。「今日中に。」「何時までに。」と、その都度時間を気にしていたと思う。

時間がなければ、やらなければいいだけ。

どうしてもやらなくてはならないときは、時間を気にしない。

シンプルに考えて、今自分が何を感じているのか、何を考えて大切にしているのかに意識を向けようと考えるようになりました。

行動もやみくもにやるのではなく、自分の感覚を大切にしているかということを、常に問う癖をつけておく、ということです。

時間を見直そうとするのは、単に時間にとらわれているからだったんですね。

動物たち、自然が教えてくれます。

時間は行動した結果の一面に過ぎないんだってことを。

まず無になる。安心する。気持ちを楽にして、楽しもうと思う。

なんかいいな。ぼくの家は、シーサイドといっても、漁村なので、こういった風情ある建具には惹かれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です