シジルの情報をシジルで書いてみよう

以前も使っていたEpub(イーパブ)電子書籍編集アプリSigil(シジル)について、使い勝手が改善された新しいバージョン1.3.0が公開されているので、使ってみようと思う。

Sigilをダウンロードする

Sigil – Ebookのダウンロードページ

ぼくの環境は、Windows10 64ビットなので、対応したバージョンのセットアップファイルをダウンロードします。

3つめのSigil-1.3.0-Windows_x64_Setup.exeのところをクリックしてダウンロードします。

文書を公開する方法は、今では、Epubに限らずたくさんあって、「そのままを印刷できる文書」としては、PDFという形態が一般的です。

ただ、PDFだと、拡大しようとすると、文章が途中で画面の端からはみ出てしまうので、スクロールしながらじゃないと読めないという問題が起きます。

Webサービスのnoteとか、GoogleドキュメントやDropbox Paperなども、公開すれば、読んでもらえる文書を作ることはできます。

Epubバージョン3

Epubのバージョンは、英文だけなら、バージョン2でいいのですが、いずれ、日本語に対応した縦書き、ルビなどの機能を使う予定なので、あらかじめバージョン3を選んでおきます。

Sigilの設定ダイアログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です