朔の月

月をよく見ます。借りている駐車場が家から離れた丘の上にあるので、夜クルマを置いて、空を見上げたら、出ていれば月は目につきます。

晴れていれば、満天の星空。曇っていても、月は雲間に見え隠れする。わずかな隙から月明かりが見えたら、つい、何かぼそって言っているような気がします。

単純に「こんばんは。」かも知れないし、「きれいだ。」って言っているかも知れない。「ありがとう。」と言うときもある。そう言ったことが、たしかにあったと思う。その時に浮かんだ言葉が自然にポロっと口に出る。

昨日と今日は、月を見なかった。見えなかった。

調べたら、昨日が新月でした。そして、朔の月。

三日月は昼間見えることがあります。それも、なんだか、うれしい。

始まりの月。

月が見えるってしあわせだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です