未来からのメッセージを受け取る

記憶と情報などのデータだけで思考を重ねていると、直観、インスピレーションを受け取りにくくなります。

そういった直観、インスピレーションが、未来からのメッセージかも知れないと言ったら驚くでしょうか。

時間は未来から過去へ流れることもある

近年の量子力学では、時間は一定方向に流れているのではなく、逆行することも理論上あり得るとされています。

現在、証明はできなくとも、そうした不思議な体験をしている人は世界中にたくさんいることも事実です。

ぼくの体験

ぼく自身、まだ小学校に上がる前くらいの年齢のときに、家の近くの海岸にある岩の上に立って、周囲をぐるりと見渡したとき「この世界がこうして見えるのは、ぼくが今ここにいるからで、目を閉じて開いたときに同じ景色が見えるのは、ぼくが生きているからだ。」「ぼくがいなければ、この世界は存在しない。」と気がついて、恐怖を感じた記憶がずっと残っていました。

ずっと封印するように記憶から消していた、そのときの印象が正しかったことをここ数年で理解しつつあります。

二十歳のとき

米子で下宿をしていたとき、その下宿にきれいなお姉さんがいました。

その人からぼくに、誕生日に2つのメッセージをいただきました。

ひとつは色紙に書かれた「まっすぐに生きようと思うな 曲折多き自然もまた美しいではないか」というものでした。

もうひとつは、「君は、文章を書く人だね。」でした。

当時は親戚の工務店で大工の見習いをしていたので、メッセージの意味を理解できませんでした。

その後、退職し、今を思えば心はまっすぐでも、経験したことは、紆余曲折だらけで、まっすぐではなかったと思う。そして、そのおかげか、こうして文章をたくさん書いて残しています。これも未来からのメッセージだったのではと思います。

人の感覚は、想像以上にたくさんの情報を受け取っています。未来からのメッセージにこれからも耳を傾けていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です