ムズカシイということ。

ぼく自身、思ってもいないこと、普段慣れていないことって、つい「ムズカシイ。」って思っちゃいます。

でね、結構パパパッ!って、ソッコーで、ムズカシイと思う理由をいくつも思い浮かべている自分に気づきます。

たとえば、いきなり誰かに「あなた、飛べますか。」みたいな質問をされたとしたら・・・。

「わい、鳥ちゃうし。」「羽生えてねぇよ😠」って、即答してもいいかも知んない。でも文脈とか状況を落ち着いて考えたときに、「1メートルくらいなら、飛べる。」「航空チケットがあれば、羽田まで行ける。」ぐらいの全然ムズカシくない回答も可能だったりする。

無意識は、現状を維持することに全力を尽くす

ムズカシイ。って思っているとき、経験・記憶や知識、年齢や社会的地位、なんかに意識があるんだよね。こういうのって、きっと人間の防衛本能なんだろうね。それって、現状を維持しようとすることが最大の目的だから。

だから、経験や知識を生かしてきた人ほど、今できることに集中して、頑張っちゃうね。そうするしかないと思っているからね。ぼくもそうだったし。とにかく、できることをやる。ムズカシイことには、理由がある。だからやらない。

意識なんだね。理由が必要なんじゃない。何を感じて、何を意識しているのか。ムズカシイかどうかは、結果でしかない。ぼく自身、そういうことに気づきつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です