輪切りの私

なんだ、それは?バラバラ殺人事件か?

いや、単に『矢切の渡し』をもじってつけたオヤジ的なタイトルです。

人は成長します。歳をとります。

生まれて、死ぬまで、ずっとです。

いっぽうで、Aさんは、常にAさんです。ぼくは、ぼく。

人は「過去はもうここには存在しない。今だけがある。」って思ってます。

そうでしょうか。

あくまで「こういう考え方もあるよ。」というスタンスで話を読み進めてください。

実は、過去の自分も未来の自分も同時に存在していて、その中のこの瞬間に見える部分を人は「今」だと認識しているのだと。

だから、輪切りの私。今。

そして、その私は、パラレルワールドというところに同時にいくつも存在していて、その世界は選択できるのだと。

輪切りの私(今)は、過去にも未来にもアクセスできます。そして、選ぶこともできます。違う世界の自分は、同じ自分でも、ちょっとずつ違います。

同時に存在している過去の自分をインナーチャイルドと言ったりします。

やさぐれていたインナーチャイルドがいたとして、そのインナーチャイルドを癒やすことができれば、輪切りの私(今)が変わり始めます。選択が変わるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です