プラ製の消耗品を買わない、使わない

今の日本で、プラスチック製品をまったく使わないで生活することは、難しいでしょう。

パソコンや家電製品に使われている部品の多くもプラスチックですし、マウスやプリンター、デジタルカメラなどの周辺機器にもプラスチックが使われています。

クルマやありとあらゆる生活用品まで、プラスチックが使われていないものの方が少ないと思います。

プラスチックは、成形、加工がしやすく、さまざまな色のものが作られます。軽く、製造コストも安く、木や鉄など、もともと違う素材で作られていたものの多くが、プラスチックに置き換えられています。

マイクロプラスチック汚染

こうしたプラスチックがゴミとして廃棄されたあと、適正に処理されずに自然環境に出てしまうと、次第に粉砕されて、細かい粒子となって、動物や魚がエサと一緒に食べてしまいます。これが「マイクロプラスチック汚染」として、最近よく話題に取り上げられています。

大きな動物になると、袋や破片など、そのままの形のものを飲み込んでしまうこともあります。

人間が食事でとる食材の中にもマイクロプラスチックは含まれていることがあり、世界保健機関(WHO)や、環境省、厚生労働省などの報告も多数ありますが、「現状では健康にリスクはないが、さらなる調査が必要」とされています。

ぼくがやっていること

既に多くの方が実践していることです。まず、レジ袋を使わない。それから、個包装のものをなるべく買わない、使わない。などです。

シロップやミルクなど、一人用として、使い捨ての小さなカップに入っているものがあります。瓶や紙パックで買ったほうが経済的です。

処分する際には、プラゴミとして分別する。適正に処理されれば、環境に取り残されることはありません。PETボトルなど、リサイクルされるものは、必ずリサイクル品として処分する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です