プラスチックとごみの問題

環境にそのまま捨てられ、どんどん蓄積しているプラスチックごみの問題。海洋を汚染しているマイクロプラスチック。気になります。

また、低温で焼却されたときに出るダイオキシンなどの有害な物質など、プラスチックとごみ、環境汚染の問題は、これまでも繰り返し語られてきた話題です。

じゃあ、プラスチック製品を買わない、使わないっていう選択ができるかっていうと、めっちゃムズカシイ。

食品の包装、飲料のパッケージ、電化製品、衣料や家具など、いたるところにプラスチックは使われていて、便利に利用されています。これを全部買わない、使わないというのは、どだい無理な話です。

ペットボトルをやめて紙パックにしたところで、紙パックも液体が漏れないように、内側に薄くコーティングされているのもプラスチックです。それを考えたら、紙ごみで捨てられる可能性のある紙パックよりも、リサイクル率が高いペットボトルの方が、もしかしたら、いいのかも知れません。

結局、一人の人間が考えることができるのは、「いらないものを持たない。」「大事に長く使う。」「きちんと捨てる。」ということに尽きるでしょう。

プラスチック製品の利点は「耐久性がある。」ってことです。長く使えるものは大事に長く使うに限るね。

台所や、お風呂で使うものなど、熱や水に強いのもプラスチックの特長です。10代の頃から50年近く使っている洗面器や石鹸入れ、表面に細かいキズがあるし、もともとのメーカーロゴのペイントなんかは消えてるけど、ぜんぜん使えます。

台所の計量カップなんかも、何十年も使ってると思う。

それでも割れたり、壊れたりすることはあるから、その時は、プラごみの日にごみに出す。日本って国は、高温で処理する施設があるから、ある程度は、分別して処理をすることができる。

それでも、全部が処理できているわけじゃないから、すぐ捨てるようなレジ袋とか、個包装の食品などは、なるべく使わない。その程度の選択はできると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です