いつもここにある。

厳しい現実とか、予想できる未来とか、そういうのを思うと、なかなかたいへんだなと思います。だけど、どんな現実も、未来も、ここにあるというイメージを持っています。

誰でも、ひとりの人間が関わることができるのは、今、ここにあることだから。

今、ここにあるものを見て、感じて、何かをしないことには、現実は変わらないし、未来もないわけです。

Tさんのジュピターさんと、ぼくの黄色いアンダラさん。

Please Login to Comment.