「しあわせを はこぶ鶏」始動

このサイトを始めたときには、はっきりした意図(いと)や狙いのようなものは、まったくありませんでした。

2017年の夏まえくらいに、地元(鳥取県岩美町)のジャズバンドにメンバーとして加わったときに、バンド名をどうするかというような話題があって、別に頼まれたわけでもないけど「お名前ドットコム」で、適当なことばを検索していって、見つけたのが、このサイト名「スプリングバーズ(SpringBirds)」でした。

なんか、かっこいいかなってカンジで。

その後、 この名前は、 バンド名としては、メンバーに提案も何もしていなくて、サイトも、ほったらかしでした。そのジャズバンドも今は、やってません。

ちなみにぼくは、このバンドではクラリネットを吹いてました。

ドメインの更新の時期がきたときに、放っておいて、廃止にしてもよかったんだけど、なにげに更新してしまって、でもやっぱり、ほったらかしにしてたんですね。

鶏岩(とりいわ)との出会い

2019年11月7日の夕方、aponの練習のあと、ボーカルの谷口尚美さんと行ったcafeニジノキでその「鶏岩(とりいわ)」と出会いました。

この日は「くじらの型染め」として、谷口恵美子さんの作品が展示されていました。どの作品もひとつとして同じものがなく、デザインも色使いも美しいものでした。その中で「鶏岩」とタイトルのつけられた暖簾に目が止まりました。

鶏岩は、鳥取市福部町のたんぼの中にある、ニワトリのとさかのように三角形に突き出た岩のこと。その岩の中には鶏がいて、1年に1回くらい鳴くらしい。その鳴き声を聞いた人は、幸せになれるという言い伝えがあるというような話を、その日展示の初日でcafeニジノキにいらした谷口恵美子さんご本人から聞きました。

次の日も、その話とその暖簾「鶏岩」のことが頭から離れなくて、そのまた次の日9日の昼前に谷口尚美さんを誘ってcafeニジノキに行きました。

幸せの鳥

ここは、鳥取だし、オカリーナもバードです(ガチョウ)。今後は、幸せを運ぶ鶏と一緒に音楽をたくさんの人に届けたい。そう感じて、鶏岩の暖簾を購入する(いただく)ことにしました。

ふだんは、もちろん、今パソコンを使っている事務所の部屋の暖簾として入り口にかけようと思います。

そして、スプリングバード岸本みゆうとして、このデザインの名刺を作ろうと思います。「しあわせを はこぶ鶏」始動開始します。

出張のできるパソコン教室、パソコン教室のエフセブン、オカリーナ吹きのみゆうの「tajiri90.com」も今後ともよろしくお願いします。以下に主要なリンクを貼っておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です