サイレント・スプリング(本)

春になると、鳥たちは歌う

鳥取は、ステキなところです。四季を通じて、鳥たちやたくさんの動植物がさまざまな生態を見せてくれます。

春、夏、秋、冬。四季それぞれに、さまざまな種類の鳥が訪れ、歌を歌います。

このサイトの名前の元になった本があります。

レイチェル・カーソンの「沈黙の春」を初めて読んだのは、二十代の頃だったと記憶しています。

その後、文庫本を買って読み直し、原文でも読みました。

日本語訳は、化学論文のようでやや難解に感じましたが、レイチェルさんの原文は、詩情のある味わい深い温かな文章でした。

青樹氏の翻訳が悪いと言っているのではありません。原文のニュアンスをそのまま伝えるのは、難しいのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です